イベント紹介

第28回全日本トライアスロン宮古島大会
2012.4.15

ただいま――そういいたくなる大会がある。28回の歴史を持ち、「ストロングマン」の称号で親しまれている全日本トライアスロン宮古島大会だ。日本のトライアスロンの、そしてceepoのルーツでもある宮古島に、今回166名ものceepoオーナーが出場。「田中社長に見せたくて」と愛車を持って会場のceepoブースへ足を運ぶ姿が後を絶たなかった。

現代のTTバイクの技術の粋を結集した最新モデルClimaxから、26インチの初代ceepoまで。どのオーナーの顔も、ceepoに乗る喜びにあふれ、いつもは厳しい田中社長の表情も里帰りした子を見たようにほころぶ。

ceepo Riders!では、今後もceepoオーナーが集まれるイベントや大会ブース出店情報をお伝えしていく。ceepoオーナーはもちろん、ceepoを検討している方も、ぜひお気軽に参加して欲しい。ceepoを愛する仲間が「お帰り」と暖かく迎えてくれるはずだ。

宮古島参加者1,470人に対し、ceepoオーナーの参加者数は、実に166人

▲宮古島参加者1,470人に対し、ceepoオーナーの参加者数は、実に166人。